さまざまな恒星 Ⅰ

担当:池田 優二

ベーシックコース


恒星は宇宙における最小要素の一つと言えます。 星団も、銀河も、銀河団も宇宙すべての天体が恒星を基本要素として成り立っているからです。 つまり、恒星は物質の世界での素粒子のようなもので、宇宙を理解する上で必須の対象なのです。


本講義では、恒星の個性に焦点を当てます。 一言で恒星と言っても千差万別であり、それぞれが異なる形で宇宙の進化や成り立ちに影響を与えています。 こうしたいろんな恒星を紹介しながら、恒星についての理解を深めていくことを目指します。
講義は半期ごとの2回(IとII)に分かれています。 Iでは太陽のような単独で進化する恒星に焦点を当てます。 IIでは、双子の星である連星や、明るさが変わる変光星など、少し変わった恒星をテーマとしてとりあげます。


<講義内容>

① 宇宙の中の恒星
② 恒星の色と温度
③ 恒星のサイズと明るさ、表面重力
④ 恒星の年齢と元素合成Ⅰ
⑤ 恒星の年齢と元素合成Ⅱ
⑥ 熱くて思い星―OB型星
⑦ 織姫と彦星―A型星
⑧ 太陽の兄弟星―FG型星
⑨ 冷たい星―MK型星
⑩ 赤外線で輝く星―褐色矮星
⑪ 軽い恒星の進化
⑫ 重い恒星の進化


 講義カレンダーをみる 

 ベーシックコースに戻る